レディー

旅先での移動はレンタカー大活躍【車中でも沢山の思い出作りを希望】

源泉掛け流しと循環式の違い

浴場

名温泉の多い三重でも源泉掛け流しと循環式温泉で違いがあります。三重の温泉にそれほど行ったことがいない方は、違いがよくわからない方も多くいるでしょう。三重だけでなく全国的な源泉掛け流しと循環式の違いをまとめます。まず、掛け流しとは新しいお湯を常に利用している温泉であり、一度使われたお湯は次に再利用されることなく排出されるものです。次々と新しい湯を利用するためとても新鮮な湯で入浴することができますが、掛け流しを実現するためにはある程度の量のお湯をしっかりと安定的に供給できるような環境が必要であるため、どうしてもそれほど数が多くはなくなってしまいます。それに対して循環式は常にお湯を循環させて維持するため、使い終わったお湯も再度ろ過されて再利用可能な状態にしてから循環して使われます。循環式とはいっても、循環水だけでお湯を回しているわけではなく、循環させながらも循環水に新しいお湯を追加し続けることで温泉としてのお湯の質を保っています。この方式であれば、一定以上の安定したお湯の供給が期待できるような場所でなくても温泉を開くことが可能となるのです。しかし、掛け流しと異なってろ過され再利用される過程でお湯の効力が失われてしまうという可能性はあります。掛け流しはお湯を贅沢に使う温泉であり、循環式はリサイクルすることで温泉を維持しています。よって掛け流しの方がどちらかといえば人気がある傾向があり、これは三重の温泉も同様です。旅先で温泉を利用する際にはこういった違いなどを知った上で楽しむといいかもしれません。

Copyright © 2016 旅先での移動はレンタカー大活躍【車中でも沢山の思い出作りを希望】 All Rights Reserved.